?> チンアナゴの生態 – お家の御用聞き家工房 横浜本店
おうちの御用聞き家工房

おうちの御用聞き家工房

横浜本店

メニュー
お問い合わせはこちらから!
0120-966-464

御用聞きブログ

チンアナゴの生態

 こんにちは!家工房です。今回は私が個人的に好きな「チンアナゴ」についてお話していきます。

 チンアナゴは名前の通り、アナゴの仲間です。大きさは35cm程度で基本的には穴の中から顔を出して水中を漂う餌を食べて過ごしています。穴に入っているのはとても臆病な性格でいつ天敵が現れてもすぐに隠れられるようにするためです。

 チンアナゴが穴から出て水中を泳いでいる姿は珍しく、穴の引っ越し以外では滅多にないと言われています。私もいろいろな水族館でチンアナゴを観察しますが見たことはありません。

 チンアナゴの中にもいくつか種類があります。私がよく訪れるすみだ水族館では3種類を観察できます。

 まずは、通常のチンアナゴです。いろいろな色のチンアナゴがいると思われがちですがチンアナゴは白い体に黒の斑点のものだけです。別の色のものは名称が変わってきます。

次は、ニシキアナゴです。こちらは白とオレンジのシマシマ模様で見たことのある方は多いかもしれません。見た目にインパクトがあるのでよくぬいぐるみなどのグッズにされています。

最後に、ホワイトスポッテッドガーデンイールです。日本語に直訳すると、白い斑点のチンアナゴとなり、その名の通りグレーの体に白い斑点の見た目をしています。この種を置いている水族館は多くなく、気にして見ないと通常のチンアナゴと見分けがつきにくいかもしれません。

画像はありません

おうちの御用聞き家工房[横浜本店]

お問い合わせは無料です!
まずはお気軽にご相談ください!

0120-966-464
メールでのお問い合わせはこちらから!